2020年05月24日

おつうじ屋のするっと抹茶で便秘解消へ

おつうじが悪くて、いつもいつも便秘気味、
おつうじが出たけど、まだお腹に残ってる気がする・・・
頑張って出したけど出たけど、強く息んだせいで便に血が混じってる( ´Д`)=3

そんなアナタ、お腹の中をキレイな環境にして、
すっきりしたおつうじが出るよう、トレーニングをしませんか?

「結果はすぐ出ないだろうし、めんどうだから即効性のある下剤でいいや」
と思う方が多いかもしれません、
でもおつうじが出ないからと下剤や下剤効果のあるお茶を飲んでいると
お腹の中の環境はこれまでよりも、もっと荒れてしまいますよ?

確かに下剤はお腹の中を一時的にはすっきりさせますが、
その際、お腹の中の良い成分まで一緒に洗い流してしまうのです、
さらに何度も使用していると、下剤の効果が効かなくなってしまいます
なぜなら下剤は本来身体にとって毒のような成分ですから、
身体が抵抗して、免疫を作ってしまうと効果が薄くなってしまうのです、

ここまで読んだ上で下剤を飲み続けるのも一つの選択です、
ですがもっとアナタの身体に優しくしてあげても良いのではないでしょうか?
つまり薬を使わずに、自然におつうじが出るよう
あなたのお腹の中を元気にしていくのです。

おつうじ屋のするっと抹茶は下剤成分が一切入っていません
何故なら胃や腸などお腹の中の調子を良くする成分が替わりに入っていて、
自然におつうじが出るようになる下剤成分が必要ないんです。


自然なおつうじが出るようにお腹に優しい成分である
水溶性食物繊維、てんさい糖、桑抹茶などが
たくさん含まれています、

また身体への優しさへのこだわりで
カフェイン、添加物・保存料が一切入っていません!
だからお腹に赤ちゃんがいる妊婦ママにも
安心して飲むことが出来ます、

妊婦ママには嬉しい葉酸がたっぷり入っていているほか
ビタミンやミネラルも豊富に含まれています、
これらは自然成分の桑の葉を粉末にしたもので、
自然派成分を元に作られています。

自身がお通じが出ないことに悩みの悩んでいた社長が
研究の末に製造された、お腹に優しいおつうじ茶のするっと抹茶
初めての方は送料が無料です。

↓公式通販サイトはこちら

毎日のすっきりを応援!するっと抹茶


おつうじ屋のするっと抹茶が効く理由


おつうじが悪くなる原因は諸説色々ありますが、
その最たる原因は腸内環境の悪化といわれています、
腸内環境を整えることが、おつうじ改善の一番の近道といえます。

腸内環境改善の方法


腸内の環境をよくする為には、腸へ送る食べ物の状態の改善、
要するに普段の食生活の改善することが求められますが、
一番手っ取り早いのが食物繊維を摂取することです、
食物繊維は便の量を増やし、腸の善導運動を促し、
また悪玉菌の栄養になる成分を先回りし、
悪玉菌が栄養を取れないように加工してしまいます。
快便の救世主である食物繊維は2種類あるといわれています。

水溶性食物繊維
らっきょうやごぼう、こんにゃく等の根菜に多く含まれる他、
リンゴやレモンなどの果物 大豆や
インゲン豆など豆類にも含まれます、
ただし含有量は不溶性食物繊維の約半分程度しか無く、
バランス良く食事を取っていても慢性的に不足しがち。

不溶性食物繊維
インゲン豆やひよこ豆、大豆や小豆、
グリンピースなど豆類に多く含む傾向があります、
また大豆やインゲン豆の様に、
水溶性食物繊維も同時に含まれている豆も多くあります、

水溶性食物繊維を摂る方法


おつうじ屋のするっと抹茶には、
この摂取の難しい水溶性食物繊維がたっぷり含まれて、
身体の内部からおつうじを促してくれます、
するっと抹茶の水溶性食物繊維は
グア豆というちょっと効きなれない食材を原料にしています、
ですがこのグア豆ポテンシャルは高く、インドでは古来から健康食品として常食されています、
ざっと効果を羅列すると

・コレステロールの減少
・糖分の過剰摂取を抑える
・善玉菌の増殖を促し、同時に悪玉菌の増殖を抑制する

など便秘解消だけでなく、生活習慣病の予防などに大いに貢献してくれます。

おつうじ屋のするっと抹茶妊娠中に飲んでも大丈夫?


妊娠中の女性は絶対に摂ってはいけない成分があることをご存知でしょうか、
しかもその成分は身近なありとあらゆる飲み物に、含まれていることをご存知でしょうか、
その成分の名前はカフェインといい、眠気覚ましやコーヒーやお茶に含まれている馴染み深い成分です、



意外と知られていませんが、摂り過ぎるとカフェイン中毒になり、最悪死亡する可能性があるのです、
致死量になる摂取量は、大人の場合約10gといわれ、
多いものだとコップ1杯(180ml)のお茶に約200mg含まれています、
単純計算でお茶を50杯飲むとカフェイン中毒になりますが、
大抵の人はお茶を飲み干す前に、お腹が飲み物を受け付けなくなるでしょう、



「なんだ、じゃあカフェイン中毒なんて心配しなくていいじゃない」
と思われるかもしれませんが、これはあくまで身体の成長しきった大人の例です、
これがまだこぶし一握りにも満たないサイズのお腹の中の赤ちゃんだったらいかがでしょう?



出産が近いお母さんがカフェインの入ったお茶を飲む場合を考えましょう、
生まれる直後の赤ちゃんの体重は平均3kgと言われています、大人の約20分の1ですね、
なのでお腹の赤ちゃんは単純計算で2.5杯分のお茶に含まれるカフェインで、
カフェイン中毒になってしまう恐れがあります!



生まれる直前の赤ちゃんですらたった2.5杯なのです、
これがもし妊娠3ヶ月、体重30gの赤ちゃんだった場合はどうでしょう、
たった5ml、つまり小さじ1杯のお茶を飲んだだけで、
体長7cmの小さな赤ちゃんはカフェイン中毒を起こしてしまいます。
この小さな赤ちゃんがいる状態でお母さんが、1杯のお茶を飲んだらどうなるでしょうか・・・
お母さんには眠気覚ましかも知れませんが、
赤ちゃんにとっては二度と目覚めることのない睡眠薬となってしまいます。

日常的にとっているカフェインの恐ろしさ、少し判っていただけたければ幸いです、
つまりお腹に赤ちゃんを抱えた妊婦さんにとっては、
便秘茶含まれる微量のカフェインが命取りになるわけです、
赤ちゃんを抱えたママさんにとって便秘はむしろ職業病、カフェインの入っていない便秘茶はないかしら。



そんなアナタに朗報です、おつうじやのするっと抹茶は便秘を解消するお茶でありながら
カフェインが一切入っていません!自然派成分のみ使用しているので安心ですし、
妊婦さんが慢性的に欠乏しがちな鉄分やカルシウムも豊富に含まれております。

妊娠中におつうじを改善する方法は?


妊娠中におつうじが悪くなると、妊娠前は安易に手を出せていた下剤も、
もしお腹の赤ちゃんに下剤の成分が届いてしまったらどうしよう・・
という思いから赤ちゃんを守るため、自分のおつうじを犠牲にしてしまう方が、
いらっしゃるかもしれません、このページでは赤ちゃんもママのおつうじも、
両立できるおつうじの改善方法を探ります。

妊娠中の下剤使用は原則禁止!


妊娠中はママが摂った成分の一部はそのまま赤ちゃんにも行き渡ります、
特に下剤は身体の便を無理矢理排泄させるお薬なので、
腸や胃は未発達の赤ちゃんにその成分が届いてしまうと、
最悪の場合下剤が原因で流産を起こす危険性があります。
妊娠中の下剤使用は絶対に控えましょう。

妊娠中におつうじを改善する食べ物


下剤に頼らなくても、おつうじを改善出来る食べ物は沢山あります、
これらは妊娠中でも赤ちゃんに悪影響を与えることが無いので、
便秘の時は積極的に食べていきましょう。

・バナナやリンゴなど
バナナやリンゴには腸内の善玉菌の栄養になる、
オリゴ糖を大量に含んでいるので、腸の環境改善に一役買ってくれます、
また水溶性食物繊維を含むので、腸の便の量を増やすことで、
おつうじの回数自体を増やしてくれます。

・ヨーグルトなどの乳製品
ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれており、食べることによって、
腸内に直接善玉菌を送り込んで増やすことで、腸内環境が改善します。

・セロリ
セロリには100g当たり1.5gの水溶性食物繊維が含まれています、
水溶性食物繊維は水に溶けやすく、水を含むことで便と同じ質感になり、
粘土の高いバナナのような自然で便を増やすことが出来ます、
対して非水溶性の食物繊維は水に溶けないため、コロコロな便になりやすいのです。
食物繊維で選ぶなら水溶性の食物繊維を含む物を優先的に選びましょう。

妊娠中に食べてはいけないもの


・アロエなど下剤成分の入った食材

おつうじに良いを言われるアロエですが、
実はアロエは自然植物でありながら、薬学的な下剤と同類の効果を持つ変わった植物で、
アロエを取ることは実質下剤を飲むことと何ら変わりがないのです。

・コーヒーや高級茶など
妊娠中にカフェインの含まれるコーヒーや高級茶を飲むのは危険です、
摂りすぎると赤ちゃんがカフェイン中毒となり、最悪の場合流産に繋がってしまいます。
妊娠中にカフェインの含まれるものを食べるのは避けましょう。

・生ハム、ナチュラルチーズなど
動物性の食べ物には大抵細菌が居ますの
で、通常加熱処理してから食べるのが普通です、
ですが生ハムやナチュラルチーズは加熱せずに食べるのは普通です、
これらの食べ物にはリステリアと呼ばれる細菌が居ますので、
生で食べた場合ママにリステリアが感染して、赤ちゃんにも悪影響が出ることがあります、
お薬などで対策は可能らしいですが、そもそも危険を冒してまで食べることは、
賢い選択とは言えないはずです。

・昆布、わかめなどの海藻類など
昆布、わかめ等の海藻類は食物繊維が多く、カロリーも少ない為、
女性とって親しみやすい食べ物ですが、赤ちゃんがお腹にいるママは注意が必要です、
昆布、わかめ等の海藻類はヨウ素を多く含んでいて、
このヨウ素を取りすぎると、赤ちゃんがクレチン症と呼ばれる先天性の病気を持って、
生まれてしまうことがあります、ですので妊娠中はヨウ素の多い食材は、
出来るだけ食べ控えた方が賢明です。

妊娠中に食べたいものまとめ


赤ちゃんにあげる母乳の質を落とさずに、
便秘を改善するには下記の四つを満たす食べ物を食べればいいのです。
・善玉菌の餌になる成分を含んでいる
・カフェインが入っていない
・水溶性食物繊維を含んでいる
・下剤成分を含まない

全てを満たす究極の便秘茶するっと抹茶


・善玉菌の材料になるてんさい糖を含む
・ノンカフェインのお茶
・水溶性食物繊維を豊富に含む
・下剤成分を含んでいない

など妊娠中のママの為に、改良を重ねて作られた便秘茶
するっと抹茶のおつうじ屋は公式サイトはコチラ

おつうじ屋のするっと抹茶授乳中に飲んでも大丈夫?


おつうじに悩む授乳期間中のママ
「授乳期間中だけど、最近おつうじの出が悪い、
下剤でも飲もうかしら。」

下剤を取り出すアナタに待った!
下剤の成分が混じった母乳を赤ちゃんに飲ませる気ですか!?

母乳は元々お母さんの血液から作られますから、
お母さんが身体に取り込んで、
胃や腸から血液に身体中を巡っている、
栄養素の一部が、赤ちゃんにも巡ると考えても相違ないです。

もし今ここで下剤を飲んだら、
下剤の成分が血液が変化した母乳へ移り
それを飲んだ赤ちゃんが下痢に苦しむことになってしまいます、

かといって便秘をそのまま放置するのも懸命ではありません、
なぜなら便秘で便が長く身体にとどまると、
便からアンモニアやアルデヒド等の有害物質が発生し、
腸から吸収した有害物質は身体中を巡り、ひいてはママだけでなく赤ちゃんにも被害が及びます、



下剤に頼らずに自然な便が出る様にお腹の環境を改善することが大事です、
一番重要なのは普段の食生活に注意すること、
お腹の環境は食べ物の内容に最も左右される為です、
でも授乳中のママは、赤ちゃんへの影響も考えて食事をしないといけません、
お腹の環境を良くする代表的な食べ物のなかで、
食べてはいけないもの、食べても大丈夫なものをご紹介します、

食べてはいけないもの


・ヨーグルト
乳製品には脂肪が多く、脂肪は摂りすぎると母乳がドロドロになってしまいます、
また牛乳は代表的なアレルゲンの一つで、もし赤ちゃんが牛乳アレルギーの場合、
悪影響が出てしまいます、同じ意味で大豆を含む納豆も厳禁です。

・スポーツドリンク
意外なことに便秘の原因が水分不足なことは案外多いのです、
その水分補給にスポーツドリンクが最適なのですが、
糖分が非常に多く含まれており、水分と同時に糖分も摂取してしまします、
糖分も脂肪と同様に摂り過ぎると母乳が質が悪くなるため、水分補給は別の手段で行いたいです。



・カフェインが入った便秘対策茶やコーヒーなど
便秘対策コーヒーや便秘茶はおつうじをよくする他、
おつうじケア・お腹の掃除・水分補給を同時に出来ますが、効果の正体は下剤成分です、
また同時にカフェイン含まれている為、赤ちゃんに悪影響を与える可能性が高いです。



・アロエを含む食材
アロエはおつうじに良いと言われていますが、
実はアロエも下剤成分と類似した効果を持っている為です、
実質下剤を飲んでいることと、なんら変わらないため避けたほうが賢明です。

食べても大丈夫なもの


・バナナ
バナナに含まれるオリゴ糖は、善玉菌の材料になり、
善玉菌優勢となることで腸内環境が改善します、
またこの効果は母乳を飲んだ赤ちゃんにも影響する為、
一石二鳥です、また食物繊維も多く含まれています。



・ノンカフェインのお茶
水分補給をするならばカフェインが入っていないお茶が有効です、
何も入っていない水よりもお茶の方が水分吸収率がいいのもポイント。



・ゴボウ・らっきょなどの野菜
この野菜には腸内の環境を様々なところから改善してくれる水溶性食物繊維が多く含まれています、
また根菜類は母乳の質を良くする効果がある為、また赤ちゃんにも良い影響が期待できます。

授乳中に食べたいものまとめ


赤ちゃんにあげる母乳の質を落とさずに、
便秘を改善するには下記の四つを満たす食べ物を食べればいいのです。

・善玉菌の餌になる成分を含んでいる
・カフェインが入っていない
・水溶性食物繊維を含んでいる
・下剤成分を含まない

全てを満たす究極の便秘茶するっと抹茶

・善玉菌の材料になるてんさい糖を含む
・ノンカフェインのお茶
・水溶性食物繊維を豊富に含む
・下剤成分を含んでいない

など授乳中のママの為に、改良を重ねて作られた便秘茶
するっと抹茶のおつうじ屋は公式サイトはコチラ

おつうじ屋のするっと抹茶に副作用が無い理由


おつうじを良くするお茶の宣伝文句として、
「アロエ・キャンドルプッシュ入り!」などのフレーズを良く耳にされると思います、



確かにアロエやキャンドルプッシュなどの成分には、
即効性の下剤の効果がある為、これらの成分が入ったお茶は、
飲めばたちまちお通じが良くなり、便秘を解消してくれるのですが、



おつうじが良くなるそのメカニズムが意外と知られておりません、
そのメカニズムとは実は身体に特殊な形で取り込まれたアロエが、
体内にとって有害であると誤認されて、身体の外に出そうをする働きで、
下剤効果が表れているのです!





身体は薬による副作用には敏感です
そんな方法で無理矢理おつうじ良くしているのですから、
身体に負担が掛からない訳がありません、



また幾度に渡ってこの成分をとり続けていると、次第に身体に抗体が出来、
身体がこの成分に慣れてしまうため、同じ量を摂っていても、
次第におつうじ解消効果が弱くなってしまいます、
飲む量を増やせば、当初と同じ効果を出すことができますが、
身体にもお財布にも負担は掛かります、どちらにも優しくしてあげたいですね。



またこれらのお茶に含まれるカフェインは摂り過ぎると胃に負担がかかったり、
お肌の健康に重要な睡眠を疎外してしまう効果もあり、
なるべく摂らないようにしたいところです。



ですがおつうじ屋のするっと抹茶にはこれらの下剤成分やカフェインが一切入っておりません。
お腹の環境を整えることを重要視している為、自然なおつうじ出るように腸内が変わっていくのです。

おつうじ屋のするっと抹茶の成分


対してするっと抹茶には、これらの即効性のある成分は含まれていない為、
上の下剤効果を持つ成分に比べると即効性はありません、

入っている成分はグア豆・桑抹茶・てんさい糖等の自然素材のみで、
有害な着色料や保存料の類は一切使用していません、

これらの成分は腸内の善玉菌の増殖を助けて、悪玉菌を抑え、
ゆっくりですが飲み続けることで、確実に腸内の環境を整えます、
腸の状態が良くなる事で、自然とおつうじの出が良くなり、
最終的には下剤を必要としない快適な便通生活を手に入れることが出来ます。

またおつうじやのするっと抹茶にはカフェインが一切入っていません、
ですので寝る前に飲んでも大丈夫な他、お腹に赤ちゃんを抱える妊婦の方が飲んでも問題ありません。

↓公式通販サイトはこちら

毎日のすっきりを応援!するっと抹茶

おつうじ良好でダイエットを成功させる方法


長かった妊娠期間を終え、元気に生まれてきた赤ちゃん、

「お産後しばらく変化が無かった自身の体重が、授乳期間を終えたらどんどん太ってきた
いわゆる産後太り?もうおっぱいを出す必要もないし、食事を抜いてダイエットしようかな?」

そんな方に警告です、
食事を抜いたダイエットは身体への負担が大きいほか
ほぼ確実におつうじの調子が悪くなってしまいます。

その理由は単純明快、そもそも便というのは食事をした分の排泄物ですので、
食事の量が減ると、当然便そのものの量が減ってしまい、おつうじの出が悪くなるという仕組みです、



「別に無理して便を出す必要なんでないんじゃない?」
と疑問に思う方がいらっしゃるかもしれません、
確かに便そのものが減ったなら、便を出すペースを減らせばいいと思うのは自然なことです、
ですがそれだけ過去の便が体内に残る時間が長くなるということでもあります、
便が長く残る悪影響はざっと書くだけでもこれだけあります、



・便が硬くなり、便秘の悪化、痔などの原因になる
便が少なくなっても、大腸はお構いなしに今までどおりのペースで水分を吸収します、
すると便は通常よりも多くの水分を摂られ、硬くなってしまいます、
直腸に溜まったこれらの便は、スムーズに排便できず通常よりも力をいれないと排泄できません、
便秘が加速してしまう他、この時力を入れずぎると肛門を傷つけてしまいます、
この傷は痔を発症する原因にもなります。



・便の腐敗がすすみ、おならが頻発、体臭口臭もキツくなる原因に
いつもより長く腸に残った便は発酵が進んでしまいます、
腐敗が進むと便からガスが出やすくなり、おならが出やすくなる原因になる他、
このガスが外に出ずに血液に吸収されると、体臭や口臭などにも、
悪影響が出てきます。



・便の悪玉菌が増え、ニキビ等の肌荒れが増える
腐敗した便は悪玉菌とって生活しやすい環境ですので、
悪玉菌が増殖が加速することになります、
悪玉菌は身体に悪影響を及ぼすアンモニアやアルデヒドなどの
有害物質を排出します、これらは体内に吸収されると、
ニキビや肌荒れの原因になります。


食事制限によるダイエットをまだ続けますか?
そもそも産後太りの原因は赤ちゃんが母乳を飲まなくなり、
お母さんのエネルギーが有り余っていることが原因なのです、
妊娠中は運動を控える方が多いため、脂肪を消費する筋肉が衰えやすいことも原因です、
食事制限ではなく、運動を行い太りにくい身体作りを行うことが大事です、



便秘だけど運動が面倒くさい・・・とうい方は、お腹に優しいするっと抹茶のような便秘茶を飲むといいのではないでしょうか。

おつうじ改善は正しい水分補給が決め手


おつうじを改善が簡単に出来、効果抜群の方法があります、
それは正しい水分補給を意識することです、

蛇口のようにおつうじを出したい

お尻の排泄する力を上げる為、適度な運動を欠かさない様にする
ストレスを減らし睡眠時間を確保し規則正しい生活を送るなど、
他にも色々な改善方法があるにはありますが、
どれも普段の生活パターンから直さないといけない為、
簡単にはいかないし、苦痛な場合は結局長続きしません。



そこで水分補給を意識したおつうじ改善がオススメです、
そんな中で水分補給をするのは、カップや水筒に口をつけるだけ、
少しの心がけで簡単に出来きて、
生活そのものを大きく変える必要がありません、
ここでは水分補給を活用した、
効果的な便秘の解消方法をお伝えします。

身体の水分が少なくなるタイミング


体内の水分が少なくなると、普段より便から吸収する水分の量が増え、
便が硬くなって便秘の原因になってしまいます、
そのため身体の水分が減る前にコマ目に水分を補給する必要があります、
特に水分が少なくなりがちなのは以下の場面です、この時はなるべく水分摂るようにを心がけましょう。

・朝起きた直後の場面
人は睡眠中にコップ1杯分もの大量の汗をかくことが知られています、
朝起きた直後に消費したコップ一杯分の水分を補給したいです。

・運動を行った場面
運動を行うと普段よりも多くの汗をかくと思うので、
水分補給を意識したいですね。


・赤ちゃんに母乳をあげる場面
以外に見落としがちですが、母乳には大量の水分が含まれているので、
赤ちゃんに母乳をあげた後は、お母さんの側の水分が不足しがちになります、
なのでお母さん側もお茶などの飲み物を飲みたいですね。

・お風呂に入った場面
お風呂に入る時も大量の汗をかきます、
またお風呂に入る時に身体の水分が極端に不足していると、
最悪の場合お風呂で失神する可能性もあります、
なのでお風呂に入る前後はなるべく水分補給を心がけたいです。

おつうじに効果的な飲み物


おつうじを良好にしてくれる飲み物をいくつかご紹介

・牛乳
牛乳に含まれる乳糖は善玉菌の餌になる為、
腸内環境を整える効果があります、
また牛乳は食べ物をと膜で優しく包んでくれる為、
刺激物などが与える胃や腸へのダメージを抑えてくれます。

・食物繊維を含む飲み物
食物繊維を多く含む飲み物はファイブミニ等が有名ですね、
コンビニなどでも購入できます。食物繊維は便の水分を保存する機能があるので、
もし水分が少なくなっても便から水分がなくなることを防いでくれます。

・暖かい飲み物
腸の中には消化酵素があり、この酵素が便の作成をお手伝いしています、
酵素には最も働きやすい温度があり、暖かい飲み物を飲むことで、
最適な温度を維持しやすくなります。

おつうじを悪くする飲み物


飲むと逆におつうじに悪影響を与える飲み物も存在します、これらの飲み物は避けたいですね。

・カフェインを含む飲み物
カフェインは利尿作用があり、身体の中の水分が尿で消費され、水分不足になりやすくなってしまいます、
またお腹の赤ちゃんにも悪影響が出るため、コーヒーは避けお茶などカフェインレスの物を選びたいです。

・冷たすぎる飲み物
冷たい飲み物を飲みすぎると胃や腸をびっくりさせ、
胃腸の機能が弱ってしまいます、なので暖かい飲み物のほうが良いでしょう。

・下剤効果を持つ飲み物
おつうじを良くする効果を歌ったお茶は実は下剤効果を持った成分が含まれていることが多いです、
下剤を使用して出すと一時的にはおつうじが出ますが、
下剤効果で無理やり出しているため、胃腸の環境はむしろ悪くなってしまいます、
よりおつうじの出が悪くなってしまう為、使うならどうしても出ない一度か二度程度に抑えたいですね。

結局何を飲めばいいの?


上記で便秘に効果的な色々な飲み物を紹介しましたが、
どれを選んでいいか判らないという方は
食物繊維を含む、暖かい飲み物、カフェインレス、直接の下剤効果を持たない等
上記の多くの条件を満たしている、おつうじやのするっと抹茶がオススメです。

おつうじ改善にはグア豆が最適


おつうじに良いとされている食物繊維が一番豊富に含まれている食材をご存知でしょうか?
3位はしその葉・ヨモギ、2位はらっきょう類、そして堂々たる1位は
豆!
豆にはすばらしい栄養素が満載

豆類には食物繊維が豊富に含まれていて、
腸の状態を改善することに長けている他、
低カロリーでたんぱく質を多く含んでいます、

たんぱく質はお母さんやお腹の赤ちゃんの身体を作る上で欠かせない成分であり、
特に生後4ヶ月から5ヶ月の赤ちゃんが爆発的に成長する時期は大量に必要になります。

たんぱく質が多く含まれる食べ物には肉類は有名ですが、
豆類は肉類に比べグラムあたりのカロリーが少なく、
お肉と同じたんぱく質をとる場合、その3分の1程度のカロリーで済ませることが出来ます、
また脂質が殆ど含まれていないため、食べても太りにくいという特徴があります、
ダイエットを気にする女性にとって、豆類は最適な食材です。

そんな豆類の中でもその優れた栄養価が評価され、
厚生労働省の特定保健用食品に指定された豆があることをご存知でしょうか?
その豆の名前はグア豆と言って、
他の豆類には無い腸にとって重要で特別な栄養素を兼ね備えています、

グア豆は腸に吸収されると分解されて低鎖脂肪酸という栄養素を出します、
この低鎖脂肪酸にはざっとあげるだけでも以下の効果があり、

・コレステロールの増加を抑える
・腸内のペーハーを調整し、善玉菌が住みやすい環境にする
・善玉菌の餌となり、善玉菌の増加を促す
・腸の粘膜を強くする
・免疫力が上昇する
・便の水分を維持して、便を軟らかくする

胃や腸の環境改善や身体全体の調子を整えることに一も二も役立ってくれます、
その効果は腸内整備で有名な乳酸菌やオリゴ糖を超えるといわれています。

便秘を改善するにはこのグア豆を食べることが一番簡単な近道なのです、

「でもグア豆なんて効いたこともないし、
どこで買ったらいいの?」

ご安心ください、そんなグア豆がたっぷり含まれるお茶、
するっと抹茶はネットで簡単に購入が出来、そして価格もお手ごろです、
おつうじやのするっと抹茶はコチラ

するっと抹茶を買うならどこが一番お得?


おつうじ屋のするっと抹茶は通販で購入するだけなら
楽天等でも購入することが可能です、
ですがお馴染みの楽天で簡単に購入できるところに落とし穴があります、



消費者の皆様は薄々感づいてるかもしれませんが、
楽天で購入した場合、楽天のマージン分が価格に上乗せされる為、
通常より高い値段で購入することになるのです、



それを避けるにはそうすればよいのでしょうか、
ならばその商品を作っている会社から直販で購入するのがベストです、
おつうじ屋のするっと抹茶を製作している株式会社おつうじ屋では通販を行っている為、
こちらで購入した方が結果的には安い価格で購入出来ます。



またおつうじ屋ではするっと抹茶の通販の他にも、
便秘解消応援隊というサイト名で
便秘にまつわるマンガ「でるでる誕生物語」や
便秘改善をサポートするメールマガジン「でるでる通信」
便秘の豆知識「知っ得情報!誰も知らない 9つの真実」
などコンテンツも盛沢山です。

↓公式通販サイトはこちら

毎日のすっきりを応援!するっと抹茶


おつうじ屋のするっと抹茶の口コミ


お通じやのするっと抹茶を試した方の口コミ集です、
効果の強烈な成分が入っていない為、
お腹に赤ちゃんがいるときでも、飲めるのが嬉しいですね。


・妊娠してから飲みはじめ、娘の授乳開始まで飲んでいました、下剤成分のかわりに、食物繊維が含まれていて私のお通じは良くなりましたが、お乳にも食物繊維が行ってしまうのか、娘のうんちまで必要以上にユルユルに・・・授乳期間が終わっってからまた使おうと思います。

・妊娠してから便秘になったような気がしてならなかったのです、
でも原因がさっぱりわからなくて、毎日途方にくれてました、
色々調べたり、周りにアドバイスを求めたりした結果、
妊娠してから、今まで日課だったウォーキングが出来なくなって、
お尻の筋肉が弱くなったからなんじゃないかと思ったのですが、
妊娠してると運動は出来ないし、お腹の赤ちゃんに悪影響が出そうな
強い下剤は飲みたくない、また色々調べた結果、成分がマイルドな
便秘茶を試すことにしました、するっと抹茶を飲んでまだ一ヶ月ですが、
以前に比べて少しづつお通じがよくなっているのが実感できます。

・始める前はどんな味がするのか不安でしたが、
感覚的には別段粉末タイプのお茶とほとんど変わず、
普通のお茶とおんなじ様に、おいしく飲めたので安心しました、
1週間ほど試しましたが、確かに前よりも、
おつうじのペースが早まっています、

母もおつうじが悪いと悩んでいたようなので、
薦めてみようと思います。


・ずっと昔から便秘で悩んでいて、
始めは産婦人科の方から勧められた下剤と、
友人から進められたするっと抹茶を
併用しながらするっと抹茶を飲んでいました、
おつうじもそれで何とか出てたので気にならなかったのですが、
あるときうっかり下剤の方を切らしてしまい、
購入しようにも連休で病院はお休み、
その時は半分パニック状態になっていましたが、
最終的にそれまでするっと抹茶だけでしのぐことにしました、
ですが、おつうじは今まで同様にしっかり出てくれました
知らない間に下剤が無くても大丈夫なくらい
お腹の環境がよくなっていたみたいです、
それ以来下剤はやめて、するっと抹茶だけで
快適なおつうじ生活を続けてます。

↓公式通販サイトはこちら

毎日のすっきりを応援!するっと抹茶
posted by するっと抹茶 at 02:39| するっと抹茶